死んだらどうなる?Apple ID編

Apple製品のユーザであれば全員が持っているApple ID です

契約者が死亡した場合

iCloud 利用規約では 「IV. お客様による本サービスの利用」の「 D.生存者への権利帰属の否定」では

別途法令に定めがある場合を除き、お客様は、お客様のアカウントが譲渡不能なものであることおよびお客様が死亡した場合にはお客様のApple IDまたはお客様のアカウント内にあるコンテンツについて一切の権利が消滅することに同意します。死亡証明書またはそれに準ずる証明書の書面を受け渡した時点をもって、お客様のアカウントを終了し、お客様のアカウント内にあるすべてのコンテンツを削除することができるものとします。さらなる支援については、iCloudサポート(support.apple.com/ja-jp/icloud)までお問い合わせください。

となっています
ICloud Terms of service 00001

さらなる支援については、iCloudサポートまでお問い合わせください、と言うことなので・・・

Apple サポートに問い合わせてみました

Apple ID Support 00002

家族がある場合、多くの方がファミリー共有を利用されているのではないでしょうか?

この場合「iCloudのストレージ」や「App Storeで購入したコンテンツ」などに利用されているはずで、これがどうなるか気になるところです

ファミリー共有とは?

ファミリー共有を使えば、iTunes、Apple Books、App Store で購入したコンテンツ、Apple Music のファミリープラン、iCloud ストレージプランを最大 6 名の家族で簡単に共有できます。フォトアルバム、カレンダー、リマインダーも共有できます

購入したコンテンツを共有

家族が各自で購入した曲、アルバム、映画、テレビ番組、ブック、App をすぐにグループの全員が利用できるようになります

iCloudストレージを共有

iCloud ストレージプランを家族全員で分け合えるようになります

ストレージプランを共有しても、自分のコンテンツをほかの家族に見られることは、自分で見せるように設定していない限りはありません

二通りの方法

契約者の死亡を届けない場合

この場合は、今までと同様に利用できますが、ファミリー共有の場合はクレジットカードが必須となっています

死亡するとクレジットカードは止めることになるので引落しができませんが、iTunes Cardでチャージをすれば良いそうです

契約者の死亡を届ける場合

この場合でも、ファミリー共有分は引き継げます

まず最初に、Appleのサポートに電話( 0120-993-993 )をして死亡したことを伝えると、専属の部署に引き継がれ、届出に必要な書類を伝えられます

必要な書類を準備し再度、Appleのサポートに電話を入れて指示に従います

引き続きファミリー共有を利用する場合

子供さんが居て引き続きファミリー共有をする場合は、クレジットカードが必須となります

ファミリー共有をしない場合

この場合はクレジットカードは必須ではないのでiTunes Cardでチャージしておけば引き落とされます

これまでの「iCloudのストレージ」や「App Storeで購入したコンテンツ」はどうなるのか?

ファミリー共有で利用していた「iCloudのストレージ」や「App Storeで購入したコンテンツ」はそのまま引き継がれ利用できるとのことです

写真や各アプリのデータはどうなるのか?

残された家族はApple IDとパスワードを知らない限り、個人のプライバシーが優先されるのでアクセスすることはできません

また、契約者の死亡を届けた場合は保存されていた、写真やアプリケーションのデータは削除されます

それを防ぐ方法は、残しておきたい写真やアプリケーションのデータを家族と共有しておけば、家族は死亡届を提出し削除される前にローカルに保存することができます

また、Mac等のパソコンがある場合はローカルディスクに保存しておけば消えてなくなることはありません

Macで写真アプリを利用している場合は、「ユーザ」>「名前」>「ピクチャ」フォルダにある「写真ライブラリ.photoslibrary」に保存されているので、「写真」アプリを起動すると表示することができます

最新情報をチェックしよう!